チラシなどの販促費は小規模事業者持続化補助金を活用しましょう!

  • 2019年5月10日
  • 2020年7月20日
  • 経営

おはようございます。

茨木市の税理士、三松です。

今回は販売促進に使える補助金のお話です。

 

小規模事業者持続化補助金の募集始まる!

平成31年の4月25日から、「小規模事業者持続化補助金」の募集が始まりました。

 

この補助金がどいったことに活用できるかといいますと

「チラシ・ホームページ等の制作」や「広告や折り込みチラシ」など販売促進に活用できたり、売上を上げるための店舗改装の費用に活用できます。

 

今回の公募期間は2019年4月25日~2019年6月12日です。

この補助金の補助上限額は50万円と少額ではありますが、いろいろなことに活用できるためお勧めです。

 

小規模事業者持続化補助金の活用事例

新商品を陳列するための棚の購入

販売促進用チラシの作成・送付

新商品の開発

新たな販売促進の調達・配布

国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加

商品パッケージのデザインの改良

国内外での商品PRイベントの実施

ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言

新商品開発に伴う成分分析の依頼

店舗改装

ネット販売システムの構築

 

このように、さまざまなことに活用できますので、とっても使い勝手がいい補助金となります。

 

注意事項

この補助金の申請先は、商工会議所管轄地域の事業者については、「日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金 事務局」、商工会管轄地域の事業者については「都道府県商工会連合会 補助金地方事務局」となっています。

 

ここで、注意していただきたいことは、その前に地元の商工会や商工会議所に申請書を提出して、「事業支援計画書」をもらう必要があります。

今回の小規模事業者持続化補助金の締め切りは2019年6月12日ですので、商工会・商工会議所への申し込みは、できるだけ5月中には持ち込まれることをお勧めします。

 

公募要領や申請に必要な書類は「日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金事務局ホームページ」からダウンロードできますので、詳細についてご確認ください。

 

まとめ

中小企業や個人事業者など小規模な事業者にとっては、こういった補助金を積極的に活用したいところです。

少しでも気になった方は、お近くの商工会議所や専門家に相談してみるべきだと思います。

助成金を活用して、事業の発展につなげましょう(^^)/

サービスメニュー

 

顧問契約

毎月訪問により、業績管理、経営計画、資金繰り改善、経理業務の省力化をサポートします。

・顧問契約(法人)

・顧問契約(個人)

 

その他のご相談

・相続税申告

・スポット税務相談

・個人の確定申告

・創業融資サポート

・執筆のご依頼

最新情報をチェックしよう!
>お客様の黒字化をサポートします! 

お客様の黒字化をサポートします! 

三松会計事務所では、会計システムを活用した業績管理体制を構築し、税務、資金繰り、経営面をトータルでサポートいたします。
毎月の訪問を原則として、お客様とのコミュニケーションを大切にしております。
税金や資金繰りでお悩みのお客様はお気軽にご相談くだい。

CTR IMG