企業防衛のすすめ!経営者に万が一があったときの会社の備えは万全ですか?

おはようございます。

茨木市の税理士、三松です。

今回は、会社のリスクについてお話したいと思います。

 

経営者を取り巻くリスクについて

経営者を取り巻くリスクには、さまざまなものがあります。

経営者の死亡によるリスク、重大疾病や重度の身体障害による中長期の不在のリスク、入院による一時不在のリスク。

 

このような、経営者を取り巻くリスクについて、会社で対策を立てられているでしょうか?

 

特に中小企業の場合、経営者が死亡や就業不能となった場合、会社に与える影響は大きいです。

経営者の不在により、売上の減少や運転資金の不足による資金繰りの悪化、金融機関からの借入金の返済資金の不足など事業存続の危機に直面する可能性があります。

 

また、経営者が死亡した場合には会社を清算しなければならない場合も少なからずあります。

会社を清算する場合もお金が必要になりますし、残されたご家族の生活資金としての退職金や従業員さんへの退職金も必要になってくるかもしれません。

 

このような会社のリスクに備えることは、経営者の責任だと思います。

 

生命保険を活用して、経営に安心を!

経営者の死亡や中長期の不在といった会社のリスク対策としてすべきことは、生命保険に加入することです。

 

生命保険の活用というと、節税対策をイメージされるかもしれませんが、これは違います。

経営者の万が一のときに会社を守るために、生命保険を活用するのです。

 

死亡保障のみならず、重大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)や重度の身体障害状態に備える保険もあります。

もちろん、入院リスクに備えた入院保険もあります。

 

これらの生命保険に加入することで、経営者が万が一に不在となった場合も、会社にお金が入ります。

死亡退職金でご家族の生活資金を確保したうえで、会社を清算することも可能になります。

また、昨今ではがんなどの病気は治る病気と言われています。

重大疾病になった場合も経営者の治療中の運転資金が確保でき、安心して治療に専念できます。

元気になって、第一線に戻ってくることも可能です。

 

節税商品のように積立型ではなく掛け捨ての保険なので、保険料も安価なものとなります。

会社を守るためにも、経営者として考えなければならいないことだと思います。

 

まとめ

今回は「企業防衛」という視点から、生命保険の活用について書かしていただきました。

経営者が元気に経営に取り組んでいただけるのが一番いいのですが、リスクはどこに潜んでいるかわかりません。

そういった経営者の不安を取り除けるように、リスク対策としての企業防衛を提案するのも税理士の仕事だと思っています。

経営者が安心して経営に取り組める環境を提供していきたいです。

サービスメニュー

 

顧問契約

毎月訪問により、業績管理、経営計画、資金繰り改善、経理業務の省力化をサポートします。

・顧問契約(法人)

・顧問契約(個人)

 

その他のご相談

・相続税申告

・スポット税務相談

・個人の確定申告

・創業融資サポート

・執筆のご依頼

最新情報をチェックしよう!
>お客様の黒字化をサポートします! 

お客様の黒字化をサポートします! 

三松会計事務所では、会計システムを活用した業績管理体制を構築し、税務、資金繰り、経営面をトータルでサポートいたします。
毎月の訪問を原則として、お客様とのコミュニケーションを大切にしております。
税金や資金繰りでお悩みのお客様はお気軽にご相談くだい。

CTR IMG