レジデータと会計システムの連携で経理の効率化を図りましょう!

  • 2019年6月13日
  • 2019年6月13日
  • 会計
bladerunner1968 / Pixabay

 

おはようございます。

大阪の税理士、三松です。

昨日は「ユビレジ」さんのセミナーに行ってきました。

 

ユビレジとは?

ユビレジとは、高機能な「iPad POSレジ」のことで、サービスによっては無料で使うことができます。

 

カフェやレストラン、居酒屋といった飲食店やアパレルや百貨店といった小売店、美容院、ネイルサロン、整骨院といったサービス業などで様々な店舗で利用されています。

 

ガチャレジ(単なる売上計算のみの大きな電卓のようなもの)よりも機能が優れていて、POSレジよりも低価格で導入できます。

 

導入費用は約15万円~30万円くらいと、導入するシステムによって変わってきますが、POSレジを導入するのには約250万円~300万円かかるそうなので、かなりの低価格で導入することができます。

 

月額利用料も無料から1万円くらいと、プランの内容によって変わってくるので、自社に必要なサービスを考えて利用することができます。

 

ユビレジを使う理由!

レジなんかガチャレジで十分と思われている社長、ちょっとお待ちください。

 

ユビレジは売上向上に役立つ機能が豊富なんです。

 

商品ごとに売上分析ができるので、売れ筋商品や死に筋商品が自動的に把握できるようになります。

変化するお客様の思考に合わせて商品構成や価格構成の見直しができます。

 

また売上をリアルタイムで把握できたり、性別、客層、グループといった属性に応じた客単価の把握やお客様の注文した商品の把握ができるようになります。

 

つまり、

経営の活用できるさまざまなデータを収集して分析できるんです!

 

売上向上のための経営の見える化に取り組むことができます。

 

レジデータと会計システムの連動で経理の効率化を図りましょう!

ユビレジでは、さまざま売上データを集計することができます。

しかも、その売上データを簡単に会計システムに取り込むことが可能です!

 

飲食店や小売店といったサービス業の経理(仕訳入力)を省略化できることになります。

 

また部門別での連携が可能ですので、会計データとしても経営に活用することができます。

 

仕訳の入力ミスがなくなり、経理も効率化でき、さらに経営に役立つ分析ができる、これはもう導入するしかありません(笑)

 

まとめ

ユビレジは軽減税率やキャッシュレスにも対応しております。

消費税の増税前にレジのご購入を検討されている飲食店さんや小売店さんは、ぜひ一度「ユビレジ」の検討をしてみてはいかがでしょうか?

 

ユビレジを導入して経理の効率化を図るとともに、売上データを経営の活用していきましょう(^^)/

 

最新情報をチェックしよう!