利益が出ているのにお金が減っていくのはなぜなのか?

mohamed_hassan / Pixabay

 

おはようございます。

茨木市の税理士、三松です。

儲かっていると思っていたはずなのに、お金が減っているといったことに頭を悩ませている社長はおられませんか?

 

利益が出ているのにお金が減っていく状況とは?

「今月は儲かったのにお金が残っていない」

「しっかり利益を出しているはずなのに、資金繰りが非常に厳しい」

こんな悩みをかかえられている中小企業の社長はたくさんおられるのではないでしょうか?

 

なぜ、このような状況になるかというと、銀行からの借入金の返済があるからです!

 

銀行からの借入金の返済は、頑張って出した利益から行わなければなりません。

ですので、利益を上回る借入金の返済がある場合には、だんだんお金が減っていくことになります。

 

もう少し細かくお話しすると、銀行からの借入金の返済原資は、利益に減価償却費を加えた金額です。

毎月の返済額<当月の利益+当月の減価償却費 となっていれば問題ありません。

ちゃんと利益で銀行からの借入金を返済できていますので、お金は減りません。

 

しかし、毎月の返済額>当月の利益+当月の減価償却費 となっている場合は注意が必要です。

銀行からの借入金を利益で賄えていないため、毎月お金は減っていきます。

早急に対策を打つ必要があると言えるでしょう。

 

お金が減っている場合の対策について

毎月のお金が減っていっている場合、何も対策をとらないでいると資金がなくなって倒産という事態を招いてしまいます。

そうならないためにも、何か対策をとらなければなりません。

 

一つ目は、これまで返済してきた額をまた借り直すという方法です。

返済によりお金が減っている場合は、新たに借り直すことで、資金が増加し余裕ができます。

もう一つは、毎月の返済額を減らしてもらうという方法です。

毎月の返済額が多いため、資金が減っているので、返済額を減額して利益+減価償却費を下回れば、資金繰りは楽になるはずです。

 

しかし、これらの方法は銀行の了承が必要になるほか、実質的に借入金の返済ができていないので、いつまでたっても借入金が少なくなりません。

 

やはり抜本的には、経営改善して銀行からの借入金の返済を上回る利益を出せるようにしなければなりません。

 

売上を増加させて、無駄な経費を減らし、利益を増加させていく。

しっかり利益を出して、その中から返済できるように、会社の体質を変えていく必要があります。

 

ただ、急に利益を上げろといっても難しい話でもあるので、借り直しや返済金額を減額をうまく組み合わせて、経営改善をやっていく必要があるでしょう。

 

まとめ

借入金の返済額を利益+減価償却費を上回らないと資金はどんどん減っていきます。

利益が出ているから大丈夫と安心しないで、お金の流れにも着目しましょう(^^)/

 

 

最新情報をチェックしよう!