NO IMAGE

節税とお金

こんにちは。少し暖かい日が続いており嬉しいですが、汗かきの僕にとってはつらい面もあり難しいところです(笑)

さて、本日は税金について書きたいと思います。

仕事をしてお金を稼ぐ以上支払わなければならないのは税金であり、税金の支払い額を少しでも抑えたいという気持ちは誰しも思っていることだと思います。経営者にとっては税金を抑えて少しでも会社のお金を残したいという気持ちは非常によくわかります。

そのために節税に取り組むことはとても重要なことだと思います。

しかし、節税ばかりに気をとられて、会社の体力まで失われてしまっては本末転倒ではないでしょうか?

 

その節税は大丈夫ですか?

例えば、会社に100万円の利益が出た場合、利益の約30%の法人税30万円がかかります。

しかし「30万円も税金を支払いたくない」と思って、100万円の経費を使うとどうなるでしょうか?

利益100万円 - 経費100万円 = 利益0円

と利益が0円となるため、法人税も0円となり税金を支払わなくてよくなりました。(便宜上、均等割りは考慮してません)

 

税金がなくなってバンバンザイと思っているあなたは注意が必要です!

 

もし経費100万円を使わずに、税金30万円をそのまま納税していれば

利益100万円 - 税金30万円 = 手元の残るお金70万円

と70万円も会社にお金が残ることになります。

 

では、経費100万円を使った場合はどうなるでしょうか?

利益100万円 - 経費100万円 -税金0円 = 手元に残るお金0円

 

なんと、税金の支払いはなくなりましたが、会社にはいっさいお金が残らなくなってしまいました。

もしこの会社に銀行からの借入金の返済が年間20万円あったらどなるでしょうか?

 

たちまち20万円の資金不足で銀行さんに返済を待ってもらうか、もしくは倒産とういう危機に直面してしまいます。

会社にお金を残すためには納税も重要です!

前述で述べたように、税金として支払う30万円も経費として支払う100万円もどちらもお金として会社から出ていくのは同じです。賢い経営者の方であればどちらが会社にとっていいのかすぐにわかると思います。

経済環境が激動の時代、特に中小企業の経営には波があると思います。儲かっている時こそ、将来の不安に備えて会社に体力(お金)を残すことで業績悪化という悪い波が来たときに乗り越えることができるのではないでしょうか。

しっかり納税している会社が成長しているのは事実です。

無駄遣いばかりしている国や政治家に税金を払いたくないというお気持ちはとてもよくわかりますが、今一度、節税ばかりにとらわれず、会社にお金を残すといった視点に考え方を変えていってはいかがでしょうか。

 

お金を残すために節税と資金繰りのバランスをみながら決算対策に取り組むためには、会計帳簿をしっかりつけて月次決算に取り組むことが重要です。

ぜひ、月次決算に取り組んでお金を残すための節税をしたいという方がおられましたらご相談お待ちしております!(^^)!

 

サービスメニュー

 

顧問契約

毎月訪問により、業績管理、経営計画、資金繰り改善、経理業務の省力化をサポートします。

・顧問契約(法人)

・顧問契約(個人)

 

その他のご相談

・相続税申告

・スポット税務相談

・個人の確定申告

・創業融資サポート

・執筆のご依頼

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お客様の黒字化をサポートします! 

お客様の黒字化をサポートします! 

三松会計事務所では、会計システムを活用した業績管理体制を構築し、税務、資金繰り、経営面をトータルでサポートいたします。
毎月の訪問を原則として、お客様とのコミュニケーションを大切にしております。
税金や資金繰りでお悩みのお客様はお気軽にご相談くだい。

CTR IMG