目標ができた時がチャンス。経営計画書を作成しましょう!

rawpixel / Pixabay

おはようございます。

茨木市の税理士、三松です。

 

「会社にもっと現預金を残したい」、「将来、自社ビルを建てたいな」、「早く借入金を返済したいな」

 

そんな、将来の目標を考え出しときが、経営計画書を作るチャンスです。

 

社長のビジョンに沿った経営計画書の作成

会社の将来像を考えたのなら、現状からの予測を行ってみましょう。

 

現預金で1億円くらい持っていたいな。

1億円くらいの自社ビルを建設したいな。

借入金を早く返済したいな。

 

これらの目標を達成するために、今のままだったらどうなるのかというのが判明します。

 

予測を行った結果…

 

今の利益のままだと、1億円貯まるまで20年くらいかかるな。

自社ビルを建てるなら融資が必要だからもっと利益を出して、純資産を高める必要があるな。

今のペースだと、借入金の返済に10年以上かかってしまうな。

 

そして、この結果を基礎として社長が思い描く将来像を経営計画書に落とし込むのです。

 

10年で1億円貯めたい。

純資産を1億円したい。

5年で借入金を返済したい。

 

そういった社長の思いや目標を数字に落とし込んだ経営計画書が完成します。

 

目標に向けた経営改善の対策を考える

いつも言っていますが、経営計画書を作成しただけでは絵に描いた餅になってしまいます。

経営計画書を作成したら、その目標を達成するためにどいった取り組みを行うのかを考えなけらばなりません。

 

新規得意先の開拓、新商品の開発、広告費の増加、固定費の削減、不採算部門の撤退など。

 

 

社長が目標を達成するために真剣に考えることに意義があります。

 

そうして、社長が達成したいと思った目標の数字とそれを達成するための行動計画をまとめたものが経営計画書になります。

 

まとめ

資金繰りの悪化等による経営改善では特にそうですが、よくわからないけど銀行から提出しろと言われているから会計事務所に丸投げして作った経営計画書では意味がありません。

 

社長が考えて作る経営計画書だから意味があり、それに向かって行動するから会社の業績が改善され業績が発展するのだと思います。

 

会計事務所に丸投げはダメですが、一緒に考えることはできます。

社長と一緒に考えた経営計画書に向かって、業績改善に一緒に取り組みサポートすのが税理士の仕事だと思っています。

 

ぜひ、会社の将来像を考えられたときは、経営計画書を作成しましょう(^^)/

 

最新情報をチェックしよう!