経費の勘定科目に絶対はないが1度決めたらそれを使い続けましょう!

おはようございます。

茨木市の税理士、三松です。

今回は、経費の勘定科目についてのお話です。

 

経費の勘定科目はざっくりでもかまわない

簿記や会計に詳しくない人が、よく迷われるのが経費をどの勘定科目で処理したらいいかということです。

 

会計の本とかには、ガソリン代は消耗品費で処理するみたいな感じで記載されていたりします。

それで、本とかに載っていない経費が出てきたときに、どの科目で処理したらいいのかわからなくなって迷ってしまうわけです。

 

勘定科目の選択はざっくりでもかまわないと思っています。

 

事業に関連する支出であって、経費性が認められるのであれば、どの勘定科目で処理しても経費であることには変わりはありませんので、税金の計算には影響ありません。

 

もちろん、すべての経費を売上原価である仕入で処理してしまうと原価率がおかしくなって逆に税務署の目に止まることになります。

また、お給料を「消耗品費」の科目で処理したりといった、明らかにおかしい処理はダメですが、ガソリン代を「消耗品費」もしくは「旅費交通費」どちらの勘定科目で処理しても大きな間違いにはなりません。

ボールペンを買った時の処理も「事務用品費」なのか「消耗品費」なのかといったところも同じです。

 

会社できっちり経理処理しなければならないといった場合は別ですが、個人事業主さんなんかであれば、よっぽど変な勘定科目で処理していない限り、これだなと自分で思う勘定科目で処理しても大丈夫です。

 

1度決めたらそれを使い続ける

勘定科目の選択はざっくりでもかまいませんが、1度この科目と決めたら毎年同じ科目を使い続けましょう。

 

ガソリン代を今年は「消耗品費」で来年は「旅費交通費」でという風に、バラバラで処理するのはやめた方がいいという事です。

このように年度によってバラバラで処理してしまうと、比較ができなくなってしまうからです。

 

処理する勘定科目を統一することで、「この経費が増えているはなぜか」といった支出の状況を把握することができ、業績改善につなげることができます。

 

どの勘定科目で処理するかより、この経費はこの勘定科目と決めて使い続けることが重要です。

そうすることで、数字の変化をいち早くつかみるとることができるはずです。

 

まとめ

個人事業主さんであれば、仕入や給料など基本的に決まっている勘定科目以外の経費はざっくりでもかまいません。

しっかり自分でどの経費をどの勘定科目で処理するかを決めて、前期比較など経営分析に活用できる決算書にしていきましょう。

サービスメニュー

 

顧問契約

毎月訪問により、業績管理、経営計画、資金繰り改善、経理業務の省力化をサポートします。

・顧問契約(法人)

・顧問契約(個人)

 

その他のご相談

・相続税申告

・スポット税務相談

・個人の確定申告

・創業融資サポート

・執筆のご依頼

最新情報をチェックしよう!
>お客様の黒字化をサポートします! 

お客様の黒字化をサポートします! 

三松会計事務所では、会計システムを活用した業績管理体制を構築し、税務、資金繰り、経営面をトータルでサポートいたします。
毎月の訪問を原則として、お客様とのコミュニケーションを大切にしております。
税金や資金繰りでお悩みのお客様はお気軽にご相談くだい。

CTR IMG