ガソリン代は何費になるのか?

andreas160578 / Pixabay

 

確定申告も近づいてきて、これは経費だ、これは経費ではないといった領収書の整理に追われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さてさて、今回は「ガソリン代は何費になるのか?」といった題目で、勘定科目の使い方についてお話したいと思います。

 

ガソリン代は消耗品費?

 

ガソリン代を支出した場合、みんさんはどの勘定科目を使用されているでしょうか?

「消耗品費」、「旅費交通費」、「車両費」

といった勘定科目が一般的に挙げられるかと思います。

 

実際のところ、これらの勘定科目のどれを使っても正解です

 

税務署の手引きなんかには、「消耗品費」にガソリン代を入れてくださいねといった記載があったりしますが、絶対にそうしなければならないという決まりはありません。

経理する会社や事業主が「この科目で処理する」と決めてオッケーなんです。

 

会社が「旅費交通費」にするといえば「旅費交通費」ですし、「電車代と区別したいからガソリン代は車両費にしよう」と決めれば「車両費」になります。

勘定科目は一般的な範囲内で、どの勘定科目を使っても問題ありません。

 

どの勘定科目を使ってもいいからといって、飲食店がガソリン代を「仕入」に入れることはやめてくださいね。

仕入は売上原価を構成するものですから、利益率とかに影響を与えるので、経営分析とかができなくなってしまいますからね。

 

また、だからといって何でもかんでも「雑費」で処理するのもやめてくださいね。

「雑費」の金額が多額になり、税務署に「おかしいな」となって税務調査になることもありますから。

 

一度決めたら変更しない

 

「旅費交通費」、「消耗品費」、「車両費」、どの勘定科目で処理してもいいのですが、会社がこの科目を使用すると決めたら毎年同じ科目で処理するように継続してください。

 

継続することで、前年との比較ができます。

今年はがガソリン代が増えてるなとか、勘定科目をみればわかることになります。

 

これが、前年は「旅費交通費」で今年は「車両費」で処理していたら、増えているのか、減っているのかさっぱりわかりません。

勘定科目の中身まで精査して、集計しなければならなくなってしまいますので、たいへんです。

 

また、勘定科目を継続することで毎月の推移をみれるようになります。

「この月、旅費交通費がめっちゃ高いやん」となったとき、ガソリン代の値上げがあったとか、遠方への出張があったとか、いろいろ発見することができます。

 

勘定科目が経営者に気づきを与えてくれるのです。

 

まとめ

 

経費の勘定科目は、基本的にはどの勘定科目を使用しても問題ありません。

会社で独自の勘定科目を作ってもオッケーです。

でも、この科目を使うと決定したら継続適用するようにしてください。

そうすれば、いろいろな数字の変化が見えてきます。

 

会計は税務署への申告のためだけにするのではありませんよ。

会計は企業の経営分析に使うもですから、経営分析に活かせるように勘定科目も設定していきましょう。

 

最新情報をチェックしよう!