なぜスーツは会社の経費にならないのか?

  • 2019年7月17日
  • 2020年8月31日
  • 税金

おはようございます。

大阪の税理士、三松です。

今回は経費の疑問についてです。

 

会社の経費でスーツを購入しても経費にならない!

「スーツを購入したんやけど、会社の経費で落ちるかな?」

と社長から質問を受けることがあります。

 

「残念ながら、スーツは経費で落ちません…」

これが回答です。

 

営業するためにはスーツが必要で、業務のためにしか使っていないと主張しても税務調査で経費として認められない可能性が高いと思います。

 

では、なぜスーツ代が会社の経費で認められないのでしょうか?

 

スーツは事業とプライベートの区分が明確にできないからです!

 

いくら社長が、事業のみで使用していると主張しても、プライベートで使用している可能性が残るということです。

 

どうしてもスーツを経費で落としたいなら

それでも、どうしてもスーツを会社で経費を落としたい場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

経費として主張するなら、会社名をそのスーツに入れましょう。

 

会社名が入っているスーツなら、事業で使用するスーツと主張できますし、広告宣伝の効果もあると説明できます。

さすがに会社名が入っているスーツは、恥ずかしくてプライベートでは着れないと思いますので、プライベートとの区分が明確にできます。(愛社精神が強い方は、プライベートでも着れるかもしれませんが…)

 

もちろん、広告宣伝として主張するなら見えるところに会社名を入れなければなりません。

見えない裏地に会社名を入れても、それだと見た目は普通のスーツと変わらずプライベートでも使用できるので、おそらく税務調査で否認されてしまいますから。

 

また、スーツの保管場所を会社にしておけば経費で落とせる可能性があるかもしれません。

 

自宅から着てくるスーツは自宅が保管場所なので、プライベートで自由に使用が可能です。

しかし、スーツの保管場所が会社であれば、会社に出社した時にだけ着て使用していますということが主張できるかもれません。

 

あくまでも、グレーな部分になるので調査官の判断に委ねる形になってしまいます。

どしてもスーツを経費で落とした場合は、顧問税理士さんとよくご相談のうえ経費で落とすのかを判断してください。

 

まとめ

スーツは原則として、会社の経費で落とすことはできません。

スーツに限らず、プライベートでも使用できるものは経費性を疑われる余地があることを認識しておいてください。

スーツを経費で落としても、税務調査でバレない可能性もあります。

しかし、そういった細かい部分から脱税や粉飾といった大きな不正につながっていきます。

正しい経理をして、会社できっちり利益を出して、いっぱい給料をとって、そして個人のお金でいいスーツを買いましょう(^^)/

 

 

 

サービスメニュー

 

顧問契約

毎月訪問により、業績管理、経営計画、資金繰り改善、経理業務の省力化をサポートします。

・顧問契約(法人)

・顧問契約(個人)

 

その他のご相談

・相続税申告

・スポット税務相談

・個人の確定申告

・創業融資サポート

・執筆のご依頼

最新情報をチェックしよう!
>お客様の黒字化をサポートします! 

お客様の黒字化をサポートします! 

三松会計事務所では、会計システムを活用した業績管理体制を構築し、税務、資金繰り、経営面をトータルでサポートいたします。
毎月の訪問を原則として、お客様とのコミュニケーションを大切にしております。
税金や資金繰りでお悩みのお客様はお気軽にご相談くだい。

CTR IMG