お金が残る経営をしましょう!

  • 2019年5月27日
  • 2020年8月11日
  • 考え方

おはようございます。

茨木市の税理士、三松です。

今回は会社のお金についてのお話です。

会社にお金が残る経営を意識されていますか?

 

会社にお金はいくらあってもいい

事業を続けていくうえで、やっぱり重要なのはお金です。

お金はいくらあっても、邪魔にはなりません。

 

お金があれば設備投資や広告宣伝費など、業績発展のためのさまざまな戦略を立て実行に移すことができます。

 

逆にお金がないと不安になってしまいます。

仕入代が支払えない、売上アップのための広告宣伝費が使えない、と不安ばかりが先行してしまい事業に集中することができません。

 

事業活動はお金が回転して行われます。

お金が会社を動かしています。

 

だから、会社にとってお金は重要なのです。

そのためにも、会社のお金を残す経営をしていかなければなりません。

 

その節税は本当に必要ですか?

会社のお金を残すためには、しっかり利益を出して、しっかり税金を払うことです。

 

税金を払うと言うと、拒否反応を示される経営者も多いかもしれません。

しかし、せっかく利益が出たのに、税金を払いたくないからといって「節税」といった大義名分をもとにお金を無駄使いしていては、いっこうに会社のお金が増えていきません。

 

確かに、税金は払いたくないというのはわかります。

しかし、税金として払うお金と経費として払うお金は、どちらも同じお金です。

経費として支払ったとしても、お金は減っていくということです。

しかも、税金を支払う以上にお金が減っていきます。

ですので、会社にお金を残すためには、税金を払った方が残ります。

 

そのためにも、その節税が本当に必要か?、その節税は赤い字の時でもするのか?といった自問自答が節税に取り組む前に必要になるのではないでしょうか。

 

まとめ

事業を行うためにはお金が必要です。

利益と同じくらい資金についても、着目しておかなければなりません。

余裕をもって事業を行うためにも、お金を残す経営に取り組んでいきましょう(^^)/

 

サービスメニュー

 

顧問契約

毎月訪問により、業績管理、経営計画、資金繰り改善、経理業務の省力化をサポートします。

・顧問契約(法人)

・顧問契約(個人)

 

その他のご相談

・相続税申告

・スポット税務相談

・個人の確定申告

・創業融資サポート

・執筆のご依頼

最新情報をチェックしよう!
>お客様の黒字化をサポートします! 

お客様の黒字化をサポートします! 

三松会計事務所では、会計システムを活用した業績管理体制を構築し、税務、資金繰り、経営面をトータルでサポートいたします。
毎月の訪問を原則として、お客様とのコミュニケーションを大切にしております。
税金や資金繰りでお悩みのお客様はお気軽にご相談くだい。

CTR IMG