キャッシュが減っている理由を考える!

「儲かっているのに会社にお金が残らない」

「お金がぜんぜん増えない」

このように経営者にとって資金繰りの悩みはつきないものです。

お金が増えないのには理由があるはずです。

キャッシュが減っている理由を考えることが、資金繰りを改善する一つのポイントです。

 

事業が赤字になっている!

会社のお金が増えない原因の一つは、根本的に事業が赤字となっているケースです。

当然のことながら、赤字であればお金は減っていきますし、会社は利益を出していかなければ事業を継続できないことになります。

 

この場合、まず取り組まなければならないのは業績改善です。

赤字の原因を追究して、黒字体質の会社に業績を改善しなければ、会社のお金が減っていく一方です。

 

売上をもっと伸ばす。

限界利益率を高める。

固定費を削減する。

 

業績改善策を考えて、それに取り組むことで、利益が出て、会社のお金も増えることになります。

 

過度に節税に取り組んでいる!

会社のお金が増えない原因の一つに、過度の節税に取り組んでいるケースがあります。

 

そこそこ儲かっている会社が過度の節税でお金があまり増えていないという状況に陥っしまっているのです。

中小企業の社長の場合、儲かっていて決算が近づいてくると、できるだけ税金を払いたくないという意識が強くなります。

もちろん、税金を払いたくないといった社長の気持ちはわかりますし、ムダな税金は一切払わなくてもいいと思います。

 

しかし、ここで中小企業の社長がやってしまいがちなのが、経費を増やすことで利益を圧縮して節税するという方法です。

経費を増やすということは、お金が減るということです。

もちろん税金も減りますが、それ以上にお金も減るということをあまり意識されていない場合が多いです。

 

例えば、利益が100万円に対する税金は約30%の30万円です。

30万円の税金を払えば、70万円のお金が手元に残るわけです。(100万円ー30万円=70万円)

 

しかし、税金を支払いたくないといって50万円の経費を使った場合はどうでしょうか。

利益は50万円になるので、税金は15万円に減りますが、手元に残るお金も35万円に減ってしまいます。(50万円ー15万円=35万円)

 

このように、過度の節税によりキャッシュが減っているのです。

会社のお金を残すためには、税金を支払わなければいけません。

節税ばかりにとらわれるのではなく、資金のとのバランスを考えて節税に取り組まなければいけません。

 

必要利益を稼げていない!

会社のお金が増えない原因に、必要利益を稼げていないケースがあります。

儲かっているのお金が残らないというのが、このパターンです。

 

必要利益とは、利益+借金の元本返済額のことです。

 

金融機関から受けた融資は、会社で利益を出して元本を返済していかなければなりません。

しかもこの利益というのは、税金を支払った後の税引き後の利益のことを言います。

税引後利益が100万円でも、借入金の年間返済額が200万円なら、毎年100万円のお金が減っていくことになります。

 

しっかり利益が出ていても、借入金の返済分の利益が不足しているためにお金が増えず、むしろ減ってしまっているということです。

融資を受けている場合は、必要利益をしっかり算出して、「いくらの利益を出せれば借入金を返済できるのか?」を考える必要があります。

 

必要利益以上の利益を出さないと、会社のお金は増えないことになりますし、必要利益を稼げていないのに、節税することは自分の首を自分で絞めることになっちゃいます。

必要利益を意思して、会社の利益を出すことで会社にお金が残る体質に変わっていきます。

 

売掛金や在庫が増えている!

儲かっているのに、会社にお金が残らないというケースでは、売掛金や在庫が増加しているといったケースもあります。

 

売掛金は商品の販売やサービスを提供した代金で未回収のものを表した金額で、売掛金が回収されてはじめて会社のお金が増えることになります。

売上が増加して、利益も増加しても、売掛金として残っていれば、会社のお金は増えないことになります。

 

また、在庫についても同じです。

在庫は、売れなければ原価にならないなため在庫が増えると会計上は利益が増えることになります。

在庫は売れて現金化されるものなので、会計上儲かっていても、会社のお金は増えていないことになります。

 

このように、売掛金の増加や在庫の増加によって儲かっているけど会社のお金が増えないとうケースがあります。

特に、急激に儲かってくると、商品は仕入れないといけないけど、売掛金の回収が数ヶ月先で資金不足に陥ってしまうといったことも見受けられます。

 

対策としては、売掛金の回収サイトの見直しを行って、少しでも早く回収できるように取り組むことが必要になります。

また、在庫の早期販売と適正在庫の確認に取り組むことで、過剰仕入をなくすことができます。

 

どちらもなかなか難しいことではありますが、資金繰りを楽にするためには少しずつでも取り組んでいく必要があります。

 

まとめ

会社のお金が増えない原因について挙げさせていただきました。

しっかり原因を追究することで、対策を考えることができます。

そのためには、毎月の資金繰りであり業績を管理する体制を整える必要があります。

当事務所では、業績管理体制を整えるサポートをしておりますのでお気軽にご相談ください。

サービスメニュー

 

顧問契約

毎月訪問により、業績管理、経営計画、資金繰り改善、経理業務の省力化をサポートします。

・顧問契約(法人)

・顧問契約(個人)

 

その他のご相談

・相続税申告

・スポット税務相談

・個人の確定申告

・創業融資サポート

・執筆のご依頼

最新情報をチェックしよう!
>お客様の黒字化をサポートします! 

お客様の黒字化をサポートします! 

三松会計事務所では、会計システムを活用した業績管理体制を構築し、税務、資金繰り、経営面をトータルでサポートいたします。
毎月の訪問を原則として、お客様とのコミュニケーションを大切にしております。
税金や資金繰りでお悩みのお客様はお気軽にご相談くだい。

CTR IMG