ピンチの時こそ経理をやって業績を把握しましょう!

おはようございます。

茨木市の税理士、三松です。

ピンチの時こそ経理をしっかりやって業績を把握しておくことが重要だと思います。

 

ピンチの時こそ経理をしっかりやって数字を見る!

新型コロナウィルスの影響で、さまざまな企業の業績が悪化しています。

特に、飲食店ではその影響が顕著に現れています。

 

こういった自然災害による影響もそうですが、得意先の倒産や急な取り引きの停止など、企業を取り巻く環境は劇的に変化します。

 

そういった状況に陥った時にも、慌てずに素早い対策を考えることができるように、日々の経理をしっかりやっておくべきではないでしょうか。

 

もちろん、経理をしたからといって売上が回復するわけではありません。

業績が回復するわけでもありません。

 

しかし、経理することによって現状の把握をすることができます。

 

「売上がどのくらい落ちているのか?」、「このままいけば資金はあと何ヶ月持つのか?」ということをすぐに把握することができます。

 

数字を見ることによって、「これくらいの売上の減少であればまだ大丈夫」という風に安心できるかもしれませんし、「このままではまずい」となれば、早めに対策を考えないといけません。

 

また、資金があと何ヶ月持つのかといったことが具体的な数字でわかれば、いつまでに何をやるといった目的が明確になるのではないでしょうか。

 

経理をやっていなければ、こういったことを具体的な数字で把握することができません。

「売上が減っているけどどれくらい減っているのだろうか?」、「業績が悪くなっているけど、資金はあとどれくらい持つのだろうか?」といった風に、不安ばかりが高まります。

 

そうならないためいにも、日々の経理をしっかりやっていきましょう。

 

融資を受けるのにもメリットがある!

経理をしっかりやっておくことで、ピンチの時に融資を受けるのにもメリットがあります。

 

今回の新型コロナウイルスの資金繰り支援として、いろいろな融資制度が打ち出されています。

セーフティネット保証であったり、日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」です。

 

日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」では、特別利子補給制度を併用することで実質無利子となり、支援策としてありがたいものになります。

 

これらの融資を受けるためには、売上が減少しているという証明が必要になります。

 

その証明のための根拠資料になるのが試算表です。

 

試算表があれば、融資審査がスムーズにいくことは間違いありません。

 

それは、売上の減少であったり、現在の業績を数字で把握できるからです。

「売上が落ちています」、「業績が苦しいんです」と口で説明することはできますが、やはり銀行員は数字を求めてきます。

数字を使って説明するために、試算表が必要となるのです。

 

そして、日々の経理をしっかりやっていることで、すぐに試算表の提出ができるのです。

 

これが、経理を疎かにしていた場合はどうでしょうか?

試算表の提出を求められてから作成することになるので時間がかかりますし、作成できてから融資審査になるということは、さらに融資までの時間がかかってしまうということです。

 

融資を受けるということは、何かしらの業績悪化事由が生じている場合が多いです。

そんな時に、スムーズに融資が受けられる体制を整える意味でも、日々の経理をしっかりやることを心がけましょう。

 

まとめ

経済情勢が不安定な時だからこそ、日々の経理をしっかり行って業績を把握しておくことが大事です。

今後、どういった行動を取るのかといった指標になりますし、融資の時の準備になりますからね。

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>お客様の黒字化をサポートします! 

お客様の黒字化をサポートします! 

三松会計事務所では、会計システムを活用した業績管理体制を構築し、税務、資金繰り、経営面をトータルでサポートいたします。
毎月の訪問を原則として、お客様とのコミュニケーションを大切にしております。
税金や資金繰りでお悩みのお客様はお気軽にご相談くだい。

CTR IMG